泌尿器科看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 泌尿器科看護師の記事一覧

泌尿器科 看護師の新人はどの様にお仕事に慣れていくのでしょうか?

泌尿器科 看護師の新人がどの様にお仕事に慣れていくのかを、新卒者と中途採用者に分けて、私の経験からリアルにお伝えしたいとおもいます。

泌尿器科 看護師の新人(新卒者)はどのようにしてお仕事を覚えていくのでしょうか?

泌尿器科 看護師の新人(新卒者)はどのようにしてお仕事を覚えていくのか?をまずはじめに、私が総合病院の泌尿器科病棟へ就職してからの新人時代の経験談を挙げて説明していきたいと思います。

入職してから病院内の全体のオリエンテーションを受けました。

色々な病棟での勤務の様子などを体験したり、血圧測定、体温測定、脈拍測定など基本的な事を復習したり患者さんへの声掛けの仕方などを教えていただき4日間過ぎました。

緊張した毎日でしたが、同期の友人達と一日一緒だったので気持ち的には楽でした。そして入職してからの4日間は、魅力的な定時の5時上がりでした。ヽ(^o^)丿

5日目から泌尿器科の病棟の勤務になり、本格的にプリセプターさんについての勤務が始まりました。

そして、独り立ちをするまでにやるべき事が山のように書いてある分厚~い泌尿器科看護師新人用の冊子を頂きました。そこには3か月で覚えるべきことが細かく書いてあり、かなり驚き、恐ろしくなりましたました。

私が入職した総合病院では、入職してから3か月までに必ず終えるべきリストというものがあり、すべてクリアーしたら晴れて独り立ちができるというシステムだったのです。

その頃の私は、毎日金魚のフンのようにプリセプターさんについて回り、仕事をミスすることなく覚えることで精一杯でした。

帰宅時間は毎日7時、遅い時で8時でした・・・(;_;ですからこの頃は患者さんとコミュニケーションをとる余裕は全く、ありませんでした。

同期の子も同じで、休憩時間は「病棟の忙しさについていけないよね・・・いつになったら慣れるのだろうね・・・」などと話し合い、二人で酷く沈んでいました。

お仕事は、まず始めは、点滴や注射の事を覚えていきました。薬剤、点滴名をまずは覚えて、注射器の使い方から、アンプルカット、点滴ルート、点滴の挿入などなど・・・全く勉強してきた教科書通りにはいきません。

一番手こずったのが、点滴の滴下数の計算でした。たとえば、抗生剤の点滴100ミリを30分で落とすには、一分に何滴なのかを計算してから行いました。たぶん、新人なら初めにぶち当たる壁の一つだと思います。

次に、受持ち患者さんの観察方法を覚えていきました。泌尿器科といえども他の病気を合併している方がほとんどなので、泌尿器科の事だけを観察していたら良いという訳ではありませんでした。・・・

とにかく、プリセプターさんの観察方法をしっかりと観察して、メモを素早くとる。その繰り返しでした。

帰宅後は、自宅でメモを整理しながら観察のイメージトレーニングをする毎日でした。その時に解らないことは調べて解決していきました。

調べてもわからない時には、次の日に質問するようにしていきました。そうしないと、恐ろしいことに!!わからないままの事がどんどん増えてしまうのです。(;_;

そして、アッという間に泌尿器科看護師新人研修期間の3か月が過ぎていました。夜勤研修も何とか終えて、私は晴れて独り立ちすることが出来ました。

泌尿器科 看護師の新人(中途採用者)はどのようにしてお仕事を覚えていくのでしょうか?

泌尿器科 看護師の新人(中途採用者)はどのようにしてお仕事を覚えていくのか?を次に見ていきたいと思います。

中途採用の泌尿器科看護師さんは、新卒の泌尿器科看護師さんよりは細かなリストはありませんがやはり、泌尿器科中途採用看護師さん用のやるべきことリストがありました。

中途採用の泌尿器科看護師さんは、多くは他の病院での経験がある為に新卒の泌尿器科看護師に比べて2か月くらいで独り立ちになります。

また、中途採用の泌尿器科看護師さんは年齢もばらつきがあり、経歴にもばらつきがありました。

私が今までの中途採用の泌尿器科看護師さんの入職後の研修期間を見て感じたことは、泌尿器科のプリセプターさんは、中途採用の泌尿器科看護師さんには、新人の泌尿器科看護師に教えるみたいに言葉の言い方がきつくない!!なんでだー!という事でした。

ある中途採用で泌尿器科病棟に来た看護師さんは、今までは忙しくない内科の病棟にいたそうです。

その為に、手術がある急性期も看護する泌尿器科の病棟に慣れるのはかなり大変そうでした。たびたび「私ここで持つのかわからないです・・・」という言葉も聞かれました。

しかし、ひと月経った頃には、「泌尿器科病棟は忙しいですが、今まで知らなかった泌尿器科ならではの手術後の創部ガーゼ交換や腎瘻のガーゼ交換などが覚えられて新鮮ですし患者さんが手術後回復していく姿を見ているとやりがいを感じます。」と楽しそうに話していました。

このように私の勤務している総合病院では、泌尿器科は新卒の看護師さんが入職するときはかなり大変ですが、中途採用の泌尿器科の看護師さんはそんなに大変ではないのが現状です。

これには、中途採用される看護師さんの経験してきたことにかなり左右されると思います。

もし、泌尿器科の看護に少しでもあなたが興味を持っていたり、今勤務している病院が合わないのならばこの機会に泌尿器科の看護師を調べてみてはいかがでしょうか?

もしかしたら、今よりも良い泌尿器科の職場に巡り合えるかもしれませんよ!

色々な泌尿器科の病院を知っているコンサルタントが居ますのでなんでも相談してみてくださいね。(^_^)/

泌尿器科看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 泌尿器科看護師の記事一覧

このページの先頭へ