泌尿器科看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 泌尿器科看護師の記事一覧

泌尿器科の看護師の求人には実際どのような求人があるのでしょうか?

泌尿器科の看護師の求人は何を重視して選べば良いのでしょうか?

あなたの望む泌尿器科の求人はどの様な病院の求人でしょうか?泌尿器科の看護師の求人では、どのような求人を選ぶべき?

泌尿器科 看護師の求人で正社員対パート、どっちがいい?

泌尿器科 看護師の求人で、まずはじめに正社員とパート勤務はどちらがいいのか?勤務体系別に見ていきましょう。

そして、看護師の価値観と合わせて考えていきたいと思います。

給料

なんといっても実際、病院を選ぶときに一番気になるのがお給料ではないでしょうか??。

泌尿器科の正社員で、夜勤があると、夜勤手当がつくので結構多めにもらえますよね!!。夜勤を考えている方は就職するときに、実際の夜勤手当がいくらなのかもきっちりと知りたいところですね!

しかし、正社員でも、日勤のみの、泌尿器科の夜勤がないクリニックは、大学病院や総合病院の泌尿器科病棟などに比べると多少、低めになるでしょう。

パート勤務は、時給制なので時給によってかなり差が出てくるでしょう。

また、パート勤務の場合で家族のいる方は、旦那さんの扶養の範囲内で働きたいのか、それとも範囲外でも良いのかも家族間で話し合っておくと良いでしょう。

お金を重視なら正社員

私が勤務していた総合病院の泌尿器科病棟では、正社員はほとんんどが、病棟勤務でした。中には、パートでも病棟勤務の方も居ました。パート勤務での良い面は夜勤をしなくて良いという事です。

しかし日勤のみですとひと月のお給料は、正社員で、夜勤ありの看護師と比べると8万円~10万円くらい低くなってしまいます。

また、ボーナス面ではパートさんは全く出ません。とにかくガッチリ稼ぎたい!!という方なら正社員。プライベートや家庭との両立重視したいから、お給料はそこそこでいい!という方ならパート社員。ではないでしょうか?

あなたはどの様な勤務で働きたいか明確に決まっていますか?

プライベート重視ならパート勤務

パートさんは正社員に比べると、ある程度自由に休みを入れることが出来ていました。なのでやはり小さい子供さんが居る方は、パート勤務が多くなります。

また、救急外来にパートで勤務していたあるナースさんは、すごくお仕事が出来る方でした。しかしまだ結婚もしていないのに何故かパートでした。

何故パートなのかと疑問に思い聞いて見たところ「看護師のお仕事は好きなのだけど、冬になるとスノーボードの練習に行くために正社員にはならないの・・・ボーナスは欲しいんだけどね・・・。」

という理由を笑顔で話していました。この様に人それぞれ働き方にも、色々ありますね。

あなたは泌尿器科病棟で夜勤もガッチリ入れて、様々な経験を積んでバリバリ働きたいですか?それとも趣味や家庭と両立してある程度ゆとりがある働き方をしたいですか?

夜勤で問題なければ正社員、夜勤で問題があったらパート勤務

そして次に夜勤について考えていきたいと思います。

基本的に泌尿器科病棟の夜勤をするのは正社員です。パートは、夜勤はしないところが多いようです。まれに、「泌尿器科病棟夜勤パート募集」とありますが、比較的夜勤の勤務が楽ならそれでも可能だとは思います。

しかし、受け持つ患者さんの重症度が高かったり、人数が多い場合は夜勤帯のみの勤務だけでは患者さんの把握をすることが難しくなってくるので、日勤をやって入院患者さんをある程度理解して夜勤をした方が安全です。

病棟の夜勤回数についてですが、若いナースさんはやはり多めに入ることになります。そしてやはり小さな、子供さんが居るナースは夜勤回数は少なく出来るシステムでした。

ある泌尿器科正社員の看護師さんは、小学生高学年と、中学生のお子さんが二人いました。夜勤は月に3~4回入っていました。しかし、中学生の子供さんが不登校気味になったので夜勤が出来なくなりました。

そして、パート勤務に移行しました。この様に、家庭の事情で勤務を変える方は、実際多くみうけられます。しかし柔軟に病院も対応してくれますので安心してください。

研修体制

総合病院、大学病院は、研修体制は正社員、パートに関わらず、きちんと確立しているところが多いです。

クリニックや個人病院は、ある程度研修体制には、差があるかもしれません。中には、日々の診察の介助を淡々とこなしていればよい個人医院もあります。

研修は、病院内の物と、病院外の物があります。研修がある場合研修は、勤務時間内の研修なのか、勤務時間外の研修なのか、受講に対して給料が出るか出ないか?も注意したいところですよね。

また求人でどのようなスキルアップのサポート体制があることを記載しているか?も気になるところですよね!

今の時代、スキルアップ体制がしっかりしている病院の方が安定している職場と言えると思います。また、働き甲斐にもつながります。

泌尿器科看護について、個人的にスキルアップしたい方は、どんどん院外の研修へ自分から行く人も居ます。たとえば、ウロストミーの皮膚保護についての研修だったり、感染症についての研修などがあります。

あなたは、どの様な研修体制を希望していますか?それともスキルアップは考えていないので、あまり研修がない個人病院などの病院がよいでしょうか?

泌尿器科の看護師の求人 病院施設別編を見ていきましょう。

個人病院、総合病院、診療所(クリニック)と、大学病院の違い。

個人病院

泌尿器科の個人病院の規模は非常に小さく、地域のかかりつけの患者様が多いです。泌尿器科のクリニックと似ている部分がありますが、クリニックの場合は入院施設がない、もしくはほとんどありません。

個人病院の場合は入院施設はありますので、地域の患者様で慢性的な疾患を持っている方が、入退院を繰り返すといった利用が多くなっています。

私は以前個人病院も務めていた時期がありましたが、個人病院の患者さんは、通院期間が長くなるにつれて、親しくなっていきます。

わかり易く言うと近所のおじさんやおばさんの様な付き合いになって来る方も居ます。慣れていくと病気以外の事も話すようになっていきます。

時には、看護師の家族の事を聞いてきたり、年齢を聞かれたり、色々と勤務者の事を知りたがる患者さんも居ます。なので、このような患者さんとの親しい付き合いが嫌いではない。という方に向いています。

また、個人病院は泌尿器科で、専門的に特化している病院もありますので、自分の得意分野(腹膜透析、血液透析など)を選んでも良いでしょう。

中には、性病科がある個人医院もあります。

そういう個人医院は若い看護師さんには嫌厭されがちですが、意外に勤務体制に関して融通がきいたり、休みやすかったりと、良い点もあるようですので狙い目の求人かもしれません!

総合病院

総合病院の泌尿器科は、接する患者さんも多くなります。その為に一人の患者さんとじっくりと関わる時間は限られてきますが、様々な泌尿器科疾患の患者さんを観られるようになっていきます。

そして時には救急医療にも携わることになります。

総合病院は、前立腺肥大など慢性的な疾患の患者様が繰り返し入院したり、急性腎不全など急に体調を崩した方、もしくは交通事故などで腎損傷など緊急の対応が必要な患者様の対応をしていきます。

その上で短期的、長期的な入院を行い、手術、保存療法などの治療をして退院する病院になります。

総合病院の泌尿器科は、幅広い知識を持ち、なんでもこなせるナースを目指しており、比較的ハードな勤務でも大丈夫!という意志がある方に向いています。

総合病院の泌尿器科では、腎瘻のガーゼ交換を御家族に指導したり、導尿の指導なども看護師が行う事があります。非常にやりがいを感じられるお仕事の一つです。

また、総合病院の日勤は複数の看護師で対応しているため、実は採血や点滴が最初は苦手でも徐々に慣れていくことができるので安心ですよ!(^^)!。

総合病院の常勤では夜勤があります、そして残業もあるところが多いです。なるべく看護知識が豊富で、様々な急変に対応できて、幅広くコメディカルと関われる人間性のある方が向いているでしょう。

これは私のケースの場合になりますが、総合病院内の病棟では、医師8人(研修医2人を含みます。)と関わりますがその中でも性格が合う医師、全く合わない医師、とやはり別れます。

しかしいつも同じ医師と関わるわけではないのでストレスはあまり溜まりません。

総合病院の泌尿器科では医師の中ですごく相性が悪い医師がいたとしても、毎日接するわけではないので、どうにかやり過ごすことが出来ます。

診療所(クリニック)

泌尿器科の、診療所は数人の看護師で対応しているところが多いようです。なので、看護師全員が採血、点滴、注射に慣れていないといざという時に苦労します。

また、点滴の他にもレントゲン介助、洗濯、器械の消毒から滅菌。トイレや病室の掃除。雑用など看護師以外の仕事も多くなるでしょう。

人間関係が良い職場であればとても働きやすいでしょう。しかし合わない方が居ると、狭い職場なので毎日顔を合わせるのが苦痛になってくるかもしれません。

私の知り合いが、泌尿器科の診療所に勤務しています。「1人合わない看護師さんが居るんだよね・・・。

でも、お昼の休みに自宅へ帰れ家事などが出来るので助かっているし、ある程度子供の行事の時には時間休も取得出来るから、ありがたいよ!」と言っていました。

そして、私の勤務している総合病院は、他に診療所もあります。人出不足で何日か急遽診療所へ行くことになったのですが、そこにいた医師は仏像の様な置物みたいな、コミュニケーション能力が無い医師でした。

患者さんが途切れた時の時間、ナース二人は談笑していましたが、医師は全く話には入らずに黙々と本を見ていました。患者さんからもあまり評判は良くなかったです。

私がもし看護部長から「この診療所へ毎日行って下さい。」と辞令が出たらすみませんが、お断りしていたでしょう・・・この様な医師と毎日顔を合わせて、コミュニケーションの楽しみがないと、やりがいも感じられなくなりますよね。

その他に、私が経験した泌尿器科の個人クリニックの場合は、基本的には医師は院長1名勤務でした。

そしてひと月に一回程度、非常勤の医師だけの日がありました。(院長が勉強会や学会出席の為に代わりの医師が来ていました。)そして私は、院長との相性が悪く、毎日仕事で接するうちに少しずつストレスが溜まり勤務が辛くなりました。

このクリニックの院長は、コミュニケーションが苦手な方でした。

それを補うように院長の奥様が看護師免許を持っていたので、色々と勤務を管理していました。

私は、院長との相性の悪さに加えて、あれこれ口をはさむ、ヒステリーな奥様との相性も悪くて、ストレスが溜まりその個人のクリニックを辞めました。

個人クリニックはこの様に、院長プラスまれに奥様も関係してくる場合があるので注意が必要かもしれません!!

大学病院

大学病院の泌尿器科は、患者数も多く、入退院の入れ替わりが早く、高度な看護ケアが求められます。そして何といっても幅広い知識を身に着けることが出来ます。

常勤を考えている方は、「大学病院で様々な最先端の研究に基づいた医療の勉強や、最新の治療やシステムの中でバリバリと働き泌尿器科のフィジカルアセスメントの達人になりたい!!」と強い意志を持っている方に向いています。

しかしその反面、点滴のサーフロ刺しや、採血などの基本的な手技が、身に付かないというデメリットもあります。

その代り、パート勤務は常勤よりも負担は軽いでしょう。契約した時間でだいたい帰れますし、だいたいが外来勤務が多いです。

総合病院の外来に比べて対応する患者数が多く専門的な知識もかなり必要とされますが慣れてしまえば病棟に比べると勤務的には楽でしょう。

私は、家庭の事情によって総合病院の夜勤が出来なくなり、大学病院の外来にパート勤務したことがあります。

そこでまず感じたことは、大学病院の検査部や病理部、薬剤部などの多職種との連携、他科とのナースの関わりが大規模なので少々大変でした。

また、関わる医師が多く、患者さんも多いので初めは圧倒されて気疲れしましたが、徐々に慣れていきました。

また、大学病院は業務が細分化されているので、総合病院のように、深夜時の血液ガス採血した後に看護師が血液ガス測定値で測定したり、薬品庫へ薬や点滴をを取りに行ったり、何でも看護師がしなくても良いのには嬉しい驚きでした。

大学病院は、総合病院よりさらに泌尿器科医師の人数が多くなってくるので、相性が悪い医師が何人か居たとしても毎日同じ医師と関わる訳ではないので大丈夫でしょう。

個人医院は、患者さんとの関わりが苦痛と感じない、泌尿器科ならではの話にも苦痛を感じなくて、話上手な方で、医師との関わりをうまく保てる方に向いています。

クリニックはある程度余裕をもって看護をしたい、穏やかな性格の方に向いています。

総合病院は、泌尿器科の慢性期から急性期までなんでもこなせるような看護技術を身に着けたナース希望の方。

大学病院は、最新の泌尿器科治療技術に関わりながら幅広い知識を身に着けたナースになりたい方。安全で高度な看護ケアの提供が出来るような泌尿器科の専門職としての意識が高い方が向いているでしょう。

あなたは、どのような病院で働きたいのかもう決まっているでしょうか?もし、自分が求めている病院がよくわからない方は、この機会に転職コンサルタントに相談してみてはいかがでしょう??

あなたの事を客観的に分析してくれてあなたの性格や、生活スタイルに合った病院を必ず、探し出してくれるはずですよ(^_-)

泌尿器科看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 泌尿器科看護師の記事一覧

このページの先頭へ