泌尿器科看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 泌尿器科看護師の記事一覧

泌尿器科 看護師の志望動機ってどう書いたら良いの!?

泌尿器科 看護師の志望動機には、どのような事を書いたら相手の印象に残るのでしょうか?一緒に考えていきましょう~(^_^)

比較的大きい総合病院や大学病院の泌尿器科の志望動機の場合。

比較的大きな病院の泌尿器科病棟は、急性期病棟で手術があるので、入退院も多く毎日がかなり多忙な事が予想されます。しかし泌尿器科の病態を学ぶには大変良い環境になるでしょう。

泌尿器科病棟は、尿管結石から膀胱腫瘍、腎移植、抗がん剤治療など様々な専門的な泌尿器科の看護が出来てやりがいが多く感じられる病棟だという事は教科書から学んでわかる事なのでそういう事を記入すると良いでしょう。

また、泌尿器科の手術の術前から術後の一連の流れを経験することにより今後、救急看護や、外科病棟、訪問看護へ進みたい方や他科への移動を希望している方、ステップアップをして管理職に就きたい方など、多くの科を学びたい方には良い経験を積める一つの科が泌尿器科病棟になるでしょう。

なので、急性期の泌尿器科看護を学びたいという気持ちを強く持っている。少しの残業も大丈夫!!そして、将来は泌尿器科看護で経験した事を元に、救急看護や訪問看護へ進みたいというステップアップの気持ちがある。という事をアピールしていくと良いでしょう。

そして、急性期病棟の看護師の勤務と言えばチームでの協力が欠かせなくなります。ある程度人間関係を築きやすい性格ということも記入するとプラスの発言となるでしょう。

急性期病棟はどこでも残業が多いのが現状ですよね。そして時間外の会議や看護研究なども多くなるでしょう。なので小さなお子さんが居る看護師さんや定時で上がりたい看護師さんには少し大変な職場かもしれません。

また、術前、術後の一連の流れを通して身体的ケアだけでなく精神的ケアまで幅広く関わることが出来ることが予想されるので、患者さんの精神的ケアにも関わりたいという事を伝えるのも良いでしょう。

泌尿器科のクリニックや泌尿器科個人病院の志望動機の場合。

泌尿器科クリニックの場合は、入院の病床数が少なく病態がそんなに悪くない方が入院していますよね。なので、急変もあまりないことから大きい病院に比べてゆったりとお仕事が出来るのが利点となるでしょう。

泌尿器科の個人医院は、外来のみのところが多いので夜勤の心配がなく時間外勤務も少ない事が予想されます。

実際私が以前勤務していた内科、泌尿器科の個人医院は、子供さんが居て残業がしづらい方、夜勤が体力的に苦手な方、外来勤務が性格にあっている方が勤務していました。

泌尿器科の個人医院の中には、性病を主に扱う医院もあるので、性病科もある泌尿器科の医院に応募するときは、自分が性病の処置などが気にならないタイプなのかどうか知っておく必要があるでしょう。

気にならない方はそういう泌尿器科の個人医院に応募すると採用されやすいかもしれません。

また、個人医院の場合は個人の患者さんと顔見知りの付き合いになることが多いのでそのような関係に苦痛を感じない性格の方が良いでしょう。

もし、あなたがそういう性格なら、患者さんと何年か関わることもありますので、どの様な患者さんにも分け隔てなく看護の気持ちを持った声掛けが出来る。また患者さんの中には、単に日常の会話を楽しみたいという患者さんもいます。

なので何気ない日常の会話も楽しむ事が出来る気さくな性格。という事をアピールすると良いでしょう。

私が以前勤務していた個人病院は、内科、泌尿器科でしたがそこでの仕事を振り返ってみたいと思います。

まず朝はトイレの掃除や庭の掃除、花の水やりから始まります。窓口を開けてから患者さんが大勢来ているときには受付を手伝ったりもしました。

食事は栄養士の方が食事を作ってくれ、配膳や下膳は看護師が主にしていましたが看護師が点滴をしていたりして、人出が足りない時には医療事務の方も手伝ってしていました。

初めは看護師が、医療事務や栄養士の様な仕事までするのかと・・・戸惑いました。

しかし、私が泌尿器科・内科の個人医院で経験したお互い仕事の垣根を越えて助け合いながら仕事をするという事は、総合病院の急性期の外科病棟へ転職してからも、看護師の仕事の一部であるベットサイドの清掃やシーツ交換の際のベット柵の細かい部分の清掃のやり方であったり、病院内、病院外の美化清掃などの清掃業務。病院内のお祭りでの患者さんとの関わり。コメディカルとの人間関係の構築の仕方。などで役に経っています。

こういったことを考えると、もしあなたがそういう事が苦にならないなら看護師の仕事だけを優先することなく、色々なクリニック内、医院内の業種の方々とコミュニケーションをとり、お互いを助け合いながら仕事をする事が出来る。という事をアピールすると良いでしょう。

またお昼の時間は中抜け出来て、買い物や自宅が近い方は自宅へ帰ることも可能でした。

ここは主婦の看護師さんにとってはありがたいシステムとなっていたようで、主婦の方はお買い物へ出かけてたり自宅へ帰って家事をしているようでした。

医療行為は、診察介助、点滴、採血、薬の在庫整理などでした。はっきり言うと医療行為は少なく雑用が多いです。

しかし、一日を通して急変は無く、体力的にも、精神的にも、落ち着いた雰囲気でのお仕事が出来ました。。

なので、小さい規模の病院の志望動機には、子供が居て残業があまりできないことや、性格上診察介助が合っているという事、またアットホームな病院の雰囲気があっている。という事をアピールすると良いでしょう。

以上大きい規模の泌尿器科病棟の志望動機と、小さい規模の泌尿器科のクリニック、個人医院の志望動機を挙げていきました。

あなたは、どの様な規模の泌尿器科看護師に興味があるでしょうか?自分の性格によって向いている泌尿器科の看護師がわかってきたでしょうか?

とは言っても、泌尿器科の志望動機は何回も書くものではないですし、自分の気持ちを文章にする事は、なかなか難しいですよね・・・そのようなときは、専門のコンサルタントにお任せください。

看護師の転職の相談だけではなく、転職の時の志望動機も一緒に考えてくれるのです。コンサルタントは今までに、色々なタイプの志望動機を考えてきているので安心して相談してみてくださいね!!

私が今度転職するときは、相談しようと思っています。ヽ(^o^)丿

泌尿器科看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 泌尿器科看護師の記事一覧

このページの先頭へ